30代で彼氏なし…だけどまだ婚活はするな!まずこれを読んでから!

結婚に向けて活動しようと思っているあなたへ

そろそろ結婚ができるように本腰をいれなきゃなと思っている人。「でも、本当に結婚できるのだろうか」という気持ち、本当にそう思いますよね。

 

婚活なんて誰だって慣れているわけないのだから、初めてやることはだれでも不安が募るもの。
しかも結婚なんて、長い一生の中で何度も経験するものではないので、婚活をすることの重大さも重なって不安な気持ちも増します。

 

会社で一度失敗したとしても、新しい仕事を探して再就職をすることは可能です。
そう考えると、結婚も再婚があるのでは?と思うかもですが再婚は再就職よりもうんと大変。

 

では、再就職と再婚の違いはというと、それは社会人としての責任が生まれるか生まれないかです。
だから、結婚は一度したならできるだけ離婚しない方が社会としても認められる風潮がある。

 

失敗すると責任問題になってくると思えば、ますます結婚にも慎重になるもの。
ですが、こんな感じに考えているのはあなただけではないです。

 

婚活をしようとしている人の多くの人が、成功させるための準備不足のまま、やり始めているのです。
つまり、婚活について何の予習をしないまま始める人が多いということ。

 

予習してから婚活するとメリットは?

もちろん、何もやらずに婚活するよりも予習してから始めた方がスムーズに結婚まで至ることが多いです。

 

予習とは、婚活サービスの落とし穴を事前に確認したり、裏側や真実をチェックしてから進めると、結婚まで至りやすくなるので婚活してよかったと思えるはず。

 

婚活は同じように結婚を目指す素敵な女性もいるので敵も多いです。

 

そんなライバルに勝つためにも、5分でいいのでこの記事を読んでみてください。
それだけで、他の人よりもうまく始めることができるようになりますよ。

 

まずは、代表的な婚活サービス(婚活パーティー、婚活サイト、結婚相談所)の真実を暴露するので、一般的に出回っている情報を鵜呑みにしないようにしましょう!

 

そのあとに、優良な婚活サービスの選び方を紹介しているので、そちらを参考にして安心して婚活をはじめてみてください。
それでは、はじめていきます!

カップルや成婚率の高さを信じ込まないこと!

30代で彼氏なし…だけどまだ婚活はするな!まずこれを読んでから!

 

結婚相談所などの婚活のサイトや広告には、「成婚率〇%!」などと絶対に書かれているものですが信じ込まない方がいいです。

 

「ここの婚活パーティーは成婚率が46%だって?すごく高いからこれなら私も成功できるかも!」
「成婚率は30%だけど、根気よくやっていけばそのうち成功するのでは?」

 

・・・・・こうやって信じているのなら、あなたは婚活サービスの思うままだということを覚えておくべきです。

 

「この数字ならいつかは結婚できる」と信じている間に、課金ばかりが発生して気が付けばお金をつぎ込みまくっているのに一向に成婚できない」なんてことになっていることに。

 

じゃあ、婚活サイトが公表する数字って何なのか教えましょう。

 

例えば、カップル率

 

これは何かというと本当に付き合いを開始したカップルの数ではなく、連絡先を交換した人の数です。

 

つまり、連絡をお互いに交換しただけの数字であって、その先のカップルになったかならなかったかは含まれていないということ。
ただの連絡交換だけなら、結婚までは至らないことは目に見えていますね。

 

次に成婚率

 

婚活サービスでの成婚率はサイトなどを利用しながら婚活してみたけれど、効果を出すことができずに退会した人のことも含まれます。

 

うまく「無事にカップルになって結婚して退会した」と見せかけているだけなのです。

 

まったくもって、数字が信じれないものだということがわかりますね。
しかし、こうして数字のマジックを使って登録者を増やそうとしているわけ。

 

婚活サイトの場合、すぐに結婚してしまう人よりも、なかなか結婚できない人の方が、その分お金を払ってくれるのでお客なんです。

 

「今年もだめだった・・・来年も課金してがんばるぞ!」という人の方がうれしいのが本音。

 

婚活サービスでは、このように「ここを利用すればあなたの結婚はすぐ!」みたいな言葉がつらづらと書いてますが、その言葉にまどわされないようにしてください。

 

これから紹介する真実をきちんと確認してから、婚活をはじめるようにしてくださいね。

 

ユーザー登録者が多いなら期待できる!は大間違い!

「ユーザー登録者数100万人達成!」という婚活アプリ
「会員数は日本トップクラス!」が売りの婚活サイト
「紹介数は3万人以上可能!」などの謳い文句の結婚相談所

 

こういった言葉を目にすると、成功率が上がるような気がしますよね。

 

しかし、登録していたり紹介する人の数が多ければ、それだけでは結婚しやすいというわけではないのです。

 

例を挙げてみましょう。「ユーザー登録者数100万人達成!」という婚活アプリ。

 

その100万人のなかの年齢層って知ってますか?
年齢層はかなり幅広く、18歳から60歳くらいまでの人が参加可能。

 

あなたが希望する年齢層の登録者はたくさんいるでしょうか?これだけ幅広くいればわかりませんよね。

 

また、年齢層に合致しても結婚を本気で望んでいる人がどれだけいるでしょうか?
会員数がたくさんいるサイトに登録しても、連絡先を送った後にそのあと実際に返信が来るのはどのくらいでしょうか?

 

会員の中にはただ登録しているだけで、何も連絡しないという幽霊会員も沢山いるということを先に知っておいてください。

 

また、会員の数が多いということはそれだけライバルも多くなるということ。
あなたが気に入った人にメッセージを送っても既読スルーされる可能性だってあるのです。

 

そして、「紹介数は3万人以上可能!」という結婚相談所。
これも3万人以上紹介してくれる体制はあっても、それまでには仲介人が入ることを把握しておく必要あり。

 

例えば、相手が年収が知りたいと希望しているのに、あなたのプロフィールに年収が記載されていなければそれだけでコンタクトをとってもらえません。
仲介人の力にもよるということなのです。

 

沢山の人が登録していれば安心だと思うかもしれないですが、それまでには多くのからくりがあることがわかるでしょうか?

 

一番大事なことは、あなたが希望する年齢層や紹介数が本当にできるのかどうかということ。
自分の目的に合った信頼できるサービスを提供してもらうことが大事なのです。

 

サービスに登録する男性には体目的の人もいる!

30代で彼氏なし…だけどまだ婚活はするな!まずこれを読んでから!

 

実際に婚活サイトに登録してみると、もう既婚者たちが登録していたり、婚活サイトで付き合いはじめたのに体の関係をもったとたん、全く連絡がとれなくなったという人もいます。

 

このような男性たちは実際たくさんいます。

 

そのため、女性の方が婚活サイトに登録するときには、その人が体目的ではないのかどうかを見極めなくてはダメ!
しかも、体目的で登録している人は口がうまくて女性がコロッと惚れてしまうこともよくあるのです。

 

もちろん婚活サイトを真剣に利用する人もいますが、出会い系でチャラい女性を見つけるよりも、婚活サイトの方が純粋で素敵な女性と出会えるとたくらんでいる男性もいます。

 

こういう体目的で登録している人もいるということを覚えておいてください。
既婚者かどうかは絶対に見極めましょう。また、サイトやサービスの運営方針を確認してから登録するのがいいですね。

 

本当は結婚しているのに、未婚と名乗って登録している人は多いって聞きます。
ネットナンパという言葉もあるくらいに、男性はネットを使って女性と関係を持とうとしてます。

 

SNSやブログなどを確認すれば、こういった体験談や自慢話はかなりたくさん出てきますよ!

 

また、婚活サイトを運営する会社も登録者は多い方が見栄えもいいので、男性にあまり細かく確認しなかったり、結婚後でも利用を続けられる所もあるのです。

 

だからこそ、本当に自分の婚活を任せられるサービスを見つけることはすごく大事なことです。

 

ステマ記事は数多く存在する!ブログやサイトの口コミにも要注意!

婚活サービスの詳細をまとめたり、口コミや体験記を紹介しているサイトは、ものすごく沢山あります。
あたかも本当に体験してきたように思いますが、嘘の記事もかなり多いことを覚えておいてください。

 

たとえば、「体験談!〇〇サイトのパーティーの現状」みたいなサイトがあったとします。
これって本当に体験したと思いがちですが、実際にはそうでもないのです。

 

本当はパーティーに参加したことなんてなく、アプリに登録すらしたことがないのに、実際に行ってみたらいい人がいて、番号交換までして今順調に交際できている。こんな風に嘘を書いている記事がたくさん。

 

実は、婚活サイトを紹介しているアフィリエイトって、自分のサイト経由で一人が登録すると広告費が数千円から数万円入ってくるという世界なんです。

 

つまり婚活情報を集めたサイトは結婚を成功させることが狙いではなく、登録者数が増えるのが狙いだということ。

 

沢山の人が登録させれば、それだけ広告費を稼ぐことができるので、「このサイトに登録しておけば、ちゃんと結婚もできそうだ」と妄想で成功談を書くステマが後を絶たないんです。

 

ステマ記事かどうかは見極め可能?

はっきり言って、利用経験のないサービスの情報を知りたい時には、ステマ記事なのかどうかを見極めるのなんて無理です。

 

「このサイトなら信用できそうだ」と思えるサイトを探すよりも、本当に質の良い婚活サイトを見極めることが大事です。

 

※選び方は後述してるので、安心して読み進めてくださいね。

婚活パーティー(お見合いパーティー)って本当に成功するの?

婚活パーティーを利用するなら、今まで交際した経験がなかったり、異性と話すことが極度に苦手な人だと難しいかもしれません。
婚活パーティーは、初対面の人と話をするのでかなりのコミュニケーション能力が必要になります。

 

その中でも、回転ずし形式で話す相手が変わる婚活パーティーはとても大変。
ほんの数分で次々に違う男性と話さなくてはいけないので、まるで自動でまわり続ける回転ずしのよう。

 

そんな時間制限ありの中で、自分のアピールポイントをきちんと伝え、相手のいいところも聞きださないといけない。
ビビッとお互いに来ないのであれば、まずその場で交際したいと決めるのは難しいでしょう。

 

自分をアピールするときの自己紹介だって、コミュニケーション能力がなければうまくできません。
普通に自分の名前や趣味などを話している間に、時間が流れていってしまいます。

 

また、相手も話すことが苦手だった場合はどうでしょうか?うまく話すことができずに沈黙が続いて時間終了ということにも。これはかなり重い空気になりますよね。

 

沢山の出会いを増やして話す経験をしておくことも大事ですし、一回のパーティーで沢山の異性と出会うことができる一方で、コミュニケーション能力ががなければマッチングすることが難しいと言えます。

 

また、婚活パーティーの場合は、気になっている男性が他の女性とマッチングしている現場を目撃してしまうということも。
スタッフはそこまでのフォローしてくれませんからね。

 

カップルが成立する確率と交際することは違う

婚活パーティーのシステムを確認したことがある人なら、「マッチング」という言葉を目にしたことがあるのでは?

 

マッチングとは、「ちょっと気になる人がいる」となったときに「カップル成立」という名目でもう一度その人と会うことが可能になるシステムのこと。
つまり、付き合いする前段階の権利を得られたということです。

 

では、その権利ができてから、実際に交際できる確立ってどのくらいなのか?
大体、マッチングしたカップルのうち、実際に付き合いまで発展したという人たちは全体の20〜30%です。

 

つまり、マッチングをしても、そこから先の付き合う段階までいける人は3割くらいとかなり狭き門だということなのです。

 

婚活パーティーに参加して本当に結婚できた人ってどのくらい?

男女の結婚・出産をテーマにした調査で、株式会社明治安田生活福祉研究所が調査した結果があります。

 

すでに結婚している男性1,101人、女性1,050人に、結婚した人との出会いのきっかけは何だったのかを調査。
すると、一番多かった答えが職場が同じだったからということでした。二番目は友達の紹介でした。

 

何より、婚活パーティーで結婚相手と知り合ったというのは、結婚相手を探す場であるのに、旅先での出会いよりも少ない数だったのです。

 

同じ職場の場合:男性22.2で女性は22.5
友達の紹介:男性23.2で女性は20.5
合コンや街コン:男性6.3で女性3.0
旅先での出会い:男性3.4で女性4.2
婚活パーティー:男性2.5で女性2.2

 

旅先での出会いや街での出会いって、言い換えればナンパです。
つまり、婚活パーティーから結婚に進むことってナンパよりも確率が少ないということになります。

 

この結果にはびっくりですよね。

 

30代で彼氏なし…だけどまだ婚活はするな!まずこれを読んでから!

結婚相談所って本当はこんなところ!

結婚を早くしたいなら、結婚相談所に登録するのが一番いいなんてよく聞きますよね。
その理由としては、本気で結婚を意識している人だけが集まっているから。

 

しかし、本当に結婚相談所を利用しようと考えるなら、事前に知っておきたいことがあります。
それは、結婚相談所の成婚率が10%も満たないこと…。

 

結婚相談所として有名な会社の成婚率の秘密

何万人と会員を持つ大きな結婚相談所の中でも、実際に成婚して退会していった人たちの数をあえて公表しないところもあります。
では、公表している結婚相談所はどのくらいの率かというと、大体10%あるかないかというところが多いようです。

 

成婚率を出す方法は各企業によって変わる

結婚相談所の成婚率というと、大体おなじ計算式なのかと思いきや、きちんとした計算方法は決められていないんです。

 

なので、結婚相談所は各会社独自の計算方法で成婚率を公表。

 

  • 現会員の成婚率を出す方法(成婚率=成婚退会者/直近の会員者数)
  • 退会した人たちに対して、成婚者の割合がどの程度か(成婚率=成婚者数/総退会者数)

 

この二つの方法の内、どちらの方法で成婚率を出しているのかは企業によって変わるのです。

 

しかし、本当は結婚相談所を通していない人と出会う人もいるので、プライべートで出会った人と結婚したという人も含まれている可能性はあります。
そのことには気をつけないといけませんよね。

 

一番確認しないといけないのは、「この数字はいつの段階の数字で、どうやって出したのか」ということ。
そして、それを企業がしっかりと明確にしているかどうか。
算出方法をしっかりと公表している企業に登録することをおすすめします。

 

他にも結婚相談所のデメリットは色々あった!

(1)お金がかかる

結婚相談所でかかるお金は入会金だけではないんです。
例えば、成婚料も払うしイベント料もかかってきます。

 

仲介型の場合は30〜40万、データマッチ型の場合は20万くらい、インターネット型の場合は4万くらい、特定型の場合は条件にもよりますが10〜50万くらい。

 

成婚料がかかることも把握しておきましょう。
ただし、これは相手が見つかるまでは発生しません。また、成婚料がかからないところもあるので事前にチェック要!

 

(2)そもそも出会えないという人も!

女性が男性に求めることに年収があるし、男性が女性に求めることに年齢や容姿があります。
なので、いくら内面が魅力的でも、実際にはお見合いの席まで進めないこともあるんです。
結婚相談所に登録しても、まったく自分にはチャンスが来ないということもあるということ。

 

結婚相談所で成婚するのは難しい

結婚相談所って実は全国に3000以上もあるので、なかなか良いところを見つけるのが難しくなっています。
未婚者が何社も結婚相談所に登録するなんてあまりないでしょうし、近くに結婚相談所を利用している人がいても普通は公表しないので、情報がでてこないんです。

 

どんな特徴があるのかわからないから、結局どこも同じに見える・・・。
結婚相談所は選びにくいという欠点があります。

 

たとえ、評判の良い結婚相談所を見つけたとしても、そこが自分に合った所かどうかは別問題。
仲介などは人間が行うことなので、その人との相性も出てきてしまうのです。

 

婚活サイトはこんな人が利用していることが多い!

婚活サイトで集まりやすい人というのは、学生時代を通して異性との出会いがなく、社会人になってからもあまりいい出会いがないままいい年まで過ぎてしまったり、結婚よりも自分の趣味を大事にしすぎて、結婚が人よりも出遅れてしまった人が多いです。

 

そのため、結婚に焦りがあるため「早く早く!」という思いから余裕がないまま登録してくる人が多い傾向で、このような人が、婚活サイトやマッチングアプリを利用しています。

 

理由は、もともと人とコミュニケーションが得意ではなかったり、金銭問題があるような人。

 

なので、決してイケメンがいないというわけではなく、つまり、顔がイケメンや美人が登録している場合は、性格に問題があったりする確率が高くなります。そのことが婚活サイトをより一層わかりにくくしています。

 

もちろん、性格や容姿に問題がない人が登録しているということもあります。
しかし、このような人はすぐにいい人とめぐりあってそのまま退会していくのです。
そして、残る人はやはり何かしら問題がある人が残ってしまうわけです。

 

また、そもそも婚活サイトを登録している本人も、自分がどうして結婚できないのかということを把握していないことが多くあります。
「自分が結婚してないは、出会いのいいチャンスが巡ってこなかっただけ」と思っている。
このような勘違いをしている人が、婚活サイトから抜け出せなくなっているんです。

 

婚活サイトは他のもこんなデメリットもある!

その他にも、ネットのプロフィールで見る顔よりも実際に会ってみると顔が違うという場合や、
年齢や収入など嘘をついているということもあります。
それ以外にもまだまだあります。

  • 免許証の提示だけでOKな場合は、既婚者やビジネス目的で登録している人も多い
  • 本気で結婚相手を探していない人もいる
  • メールでの会話はいい感じなのに、実際に会ってみると全くイメージが違った
  • プロフィールの写真と実物が違いすぎる
  • 共通の知り合いがいないため、何かあったとき不安がある
  • 色々な人がいるから、いい男性を見極める目を持つ必要がある

優良な婚活サービスの選び方を教えます!

30代で彼氏なし…だけどまだ婚活はするな!まずこれを読んでから!

 

本当に結婚したいなら結婚率が上がるサービスを利用したいもの。そんなときには下記の三つを確認してみましょう。

  1. 登録している人たちが実際に活動しているか
  2. 運営している会社の信頼度を確認する
  3. 登録している人数にまどわされることなく、登録している人の中身を確認する

謳い文句や成婚率の数字だけで登録をしないようにすることが大事です。

 

登録している人たちが実際に活動しているか

老舗結婚相談所や歴史のある婚活サイトでも、サクラだらけの場合もあるので気が抜けません。
新しく会員登録をしている人がいるサイトを選ぶようにしてみてください。

 

その中でも、始まったばかりの婚活サービスや、街中で配っている広告などは目を付けておくとよいでしょう。
「結婚を意識し始めた」というフレッシュな人たちがたくさん集まっているはずだから。

 

ずっと登録しているのにやる気が失せている会員の人たちよりも、ずっとこういう新しいサービスの方がカップルにもなりやすいです。

 

もしも、無料で登録できますよというサイトだったり、相談会を設けてくれるのなら、そのサイトに決める前に新規で行動している人たちがどのくらいいるのかどうかを、さりげなく確認してからの方がいいですよ。

※古い老舗の婚活サービスの方が自然と会員数は増えるもの。
そのため、歴史のあるサービスについつい登録したくなりますが、それは安心材料にはなりません。
今の段階で婚活サービスを実際に利用している人が、どれだけいるのかで登録を決めてください。

 

運営している会社の信頼度を確認する

大元となる運営会社が、どのくらいの信頼度がある会社なのかを知ることは重要です。
会社の信頼度が高ければ高いほど、サービスの質もよくなります。

 

例えば、運営資金が少ない会社に登録してしまうと、ある日突然サービスが終了するということにもなりかねないからです。
婚活パーティーを開いても、アルバイトばかりで運営されている場合、スムーズにパーティーが進むわけがないです。

 

また、婚活の知識やアドバイザーがいないサイトに登録しても、相談にのってもらうことはできません。
自分に合った出会いを見つけることができるのかどうかは、会社の質にも比例するといってもいいです。

※運営会社が良い会社ならば、出会いの質も向上する!
大元の会社が、信頼できる会社なのかを確認してから利用するようにしよう。

 

登録している人数にまどわされることなく、登録している人の中身を確認する

ただ登録していて何も活動していない人やサクラや体目的で登録している人、すでに既婚者だったりする人もいるかもしれません。
会員数が多いだけでは、信頼できるサイトとは言えないんです。

 

では、そんな軽い感じの結婚相談所や婚活サイトを避ける方法として、登録する時に独身証明書を提出することが義務づけられているのかどうかを確認してみてください。

 

これを確認するだけで、優秀なサービスをみつけることがグッと簡単になります。

 

また、通報システムがあるサイトもかなりおすすめ!
この通報システムがあると、サクラや体目的の人を見つけるとすぐに利用停止にされます。

 

登録している人が多いということは、人気があって質がいいというのは大間違い。
良い出会いを見つけるためいには質もとても大事!
そのためにも、運営はどのような体制が整っているのか確認しておいてください。

※会社の運営がしっかりとしていれば、それに伴って登録者も増えるものです。
そのため、婚活サービスを始めたばかりのサイトであっても質が良ければそれでよし。