30代で婚活は厳しい?アラサー女性も知ってほしい失敗しない婚活パーティーの活用方法を教えます!

アラサーも女性必見!婚活パーティーの内情&チャンスをものにするメソッドとは?

30歳を越えて婚活を始めるのは不利?
意を決して婚活に踏み出したけどイマイチ手応えが得られない・・・

 

色々な理由で落ち込んでいるアラサー、特に30代に入っている女性は少なくないと思います。

 

結婚はまだ?という親や親戚、独身が減っていく友人知人同僚たち・・・
また近年婚活が一般的に定着したこともあって、婚活中のアラサー以上の女性達は向かい風を感じているかも。

 

もし婚活に手応えを感じられないなら、少し姿勢を変える必要があります。
リアルな婚活を把握し、自分の年齢層に合わせた作戦を取り入れていきましょう!

 

本記事ではアラサー〜30代女性が押さえるべき、リアルな婚活の姿、そして婚活の荒波を越えていくためのメソッドを解説していきます。

リアルな婚活の話

30歳前後で婚活に臨むなら、甘くない実情を把握するべき。
婚活初心者や婚活で失敗している人は、婚活のリアルを知り、それをプラスに変えて今後に活かしましょう。

 

30代で婚活は厳しい?アラサー女性も知ってほしい失敗しない婚活パーティーの活用方法を教えます!

 

圧倒的な需要を誇る20代女性

婚活で一番需要が高いのは、何といっても20歳代の女性。
正直、容姿が優れていないタイプでも、若さがあれば多くの男性を惹きつけます。

 

20代女性に需要が集中するのは、結婚して子供を設けることを考えるため。
妊娠や出産を意識すると、リスクが少ない20代女性が望ましいからです。

 

妊娠や出産に関しては、世間的な風潮として35歳がひとつの分かれ道になっています。
20代でなくても、30代前半までならさほど大きく心配はされないようです。

 

しかし30代後半に入ると「負け組」のような言葉がまとわりつくようになり、男性から声をかけられることがグッと減ってしまいます。

 

近年は医療やサポートの充実も目覚ましく、35歳〜40歳代で子供を授かるケースも多いです。ただ実際、子供を意識したとき選ばれやすいのは若い女性というのも事実。

 

一定以上の年齢の女性には、その世代ならではの魅力があります。
しかし、若さというウェポンに太刀打ちするのは相当難しいもの。

 

年齢は本人の意識や努力で操作できるものではないです。
辛いかもしれないですが、事実は事実として受け入れ、それを踏まえて行動しないと、茨の道を進むことになってしまいます。

 

長い目では見てくれない

結婚を前提とした異性と簡単に出会える…これが婚活最大のメリット。

 

結婚相談所に登録すると十何万、何十万という初期投資がかかるので、安価で申し込める婚活パーティーは需要が高い。
ただ、出会うのが簡単な反面、スペックを確認して素早く相手を選ぶ必要が出てくるのも事実。

 

結婚するなら性格や相性を見ないと…というのは良く聞きますが、婚活パーティー開催時間内で内面を把握するなんてほぼ不可能!

 

どうしても判断基準はスペックに傾くので、より年齢が若い、より収入が高い…そういった人に需要が集まることになってしまうということです。
性格があう、相性がいい、一緒にいて楽。

 

内面を考慮した判断は【マッチング】した後にすることであり、マッチングが上手くいかない内は、内面を見る段階に入れすらしないというわけ。

 

いわゆる【普通】は高スペック?!

婚活の場でよく聞く「多くは求めません。普通の男性がいい」という意見。
これだけみると謙虚にも思えるんですが、普通の基準によっては、理想が高すぎる!なんてことになるケースも。

 

A子さんの求める男性が【30代】【収入が600万円】だったとします。

 

(株)IBJが実施したアンケートでは、結婚する男性の適当な収入として一番挙げられたのが【500万円から699万円】だったという結果もあり、A子さんの意見は割と一般的なものだといえます。

 

しかしDUDAが実施したアンケートでは、30代男性の収入は487万円(平均/年)という結果が!

 

この結果から考えて、600万円超の収入がありつつ、婚活イベントに顔を出している男性が多いと思いますか?

 

また、そんな男性が婚活イベントにいたとして、たくさんの女性が狙うであろうその人と、上手くマッチングを成功されられるか?

 

自分が【普通】【現実的】と思っていることと、リアルに乖離がないか。
それをきちんと把握できないと、理想を謳ったまま、時間だけが過ぎていくことになってしまいます。

30歳越え女子がマッチングに失敗する理由とは?

さて次は、三十路越え女性達が「マッチングできない」場合の、リアルな理由を解説します。

 

30代で婚活は厳しい?アラサー女性も知ってほしい失敗しない婚活パーティーの活用方法を教えます!

 

男性側の希望とズレている

同世代が希望で、アラフォー以上の男性はお断り…こう考えている30代女性は多いです。

 

しかし前述した通り、同性代男性も含めて、需要が圧倒的に高いのは若い女性。
この部分が噛み合っていないと、マッチング成功率はグッと下がってしまう。

 

婚活が上手くいかない・・・そう思っているなら、男性側の希望も把握したうえで、活動の仕方を変えていくべき。

 

自尊心はほどほどに

婚活をする中で「全然いい出会いがない」と思ってません?
そんなときは【自尊心】について考えるといいです。

 

30年以上生きていれば、これまでの経験や教訓を生かし、様々な角度から男性を見ることができると思います。

 

そしてその本質を見抜く能力が高いゆえに、男性の些細な悪点を見つけてしまい「この男性はダメだ」「もっと素敵な人を探そう」と、早々に見切りをつけてしまう。

 

しかしそこで、もう少しだけ話をしていたら、いい点が見つかったかもしれない!心惹かれる一面も見られたかも!

 

自尊心のせいで「もっと上」を求めすぎて、現実的ないい出会いを潰していないか?
捨てる必要はないですが、自尊心はほどほどにしたいところ。

 

スピードを求めすぎる

全員が全員ではないですが、30歳以上で婚活中の女性は、焦燥感にかられている傾向がある。

 

結婚や子供のワードを出す親・親戚、先に結婚を決める友人・知人・同僚・後輩…多少の圧を感じてしまうのも無理はないですが。

 

焦燥感から、とにかく婚活にスピーディさを求める。
そして時間短縮のためにスペックだけを重視して婚活を進めた結果、大失敗・・・そんなケースも少なくない。

 

確かに30代で結婚を考えはじめたら、無駄を省いてサクサク進めようとするのは間違ってません。ただ必要以上に急ぎ過ぎるのは良くない。

 

焦燥は成功に繋がらないどころか、失敗の原因になる。
ゆったりしすぎは厳禁ですが、きちんと男性と向き合い、正しい判断を下せる程度の時間は取るべき。

 

アラサーや30代女性が良い婚活をするためのメソッド

30歳前後から30代女性の婚活での立ち位置。
これをしっかりと理解することで、自分がどう動くべきかが分かるようになります。
婚活がうまくいくメソッドについて解説します。

 

30代で婚活は厳しい?アラサー女性も知ってほしい失敗しない婚活パーティーの活用方法を教えます!

 

リアルな現実に目を向ける

婚活で失敗しやすいのは、何といっても理想が高い女性!
前述の通り、高い条件を満たす男性は婚活の場では僅かしかいません。

 

だって好条件の男性なら、婚活をせずとも、女性が集まるから。
一定以上の年齢の女性が婚活で出会いを勝ち取るには、きちんと【リアル】に目を向ける必要があります。

 

自分を客観視し、自分と釣り合いの取れた男性、そして行動指針を見つけましょう。

 

ストライクゾーンは広く

あまりに条件が多かったり、高い条件を設定すると、条件に当てはまる男性が絞られ過ぎてしまう。
理想はあくまで理想、現実的な基準もしっかり設けましょう。

 

もし希望が【30代前半】【収入600万円】だったとします。
だからといって【40代前半】【収入550万】の男性を拒否してしまうのは勿体ない。

 

希望とは少し違っても、交流を持ってみる。
理想が600万円なら、450万円くらいの男性までストライクゾーンを広げてみる。
こうすると、マッチングの可能性はグッと上がってきます!

 

スペック的には多少理想より下でも、それを補って余りある相性の良さ、性格などの要素があるパターンは少なくなりません。
婚活においてスペックは重要な項目ですが、接することでしか分からない部分だって重要。

 

婚活結果が良くないなら、ストライクゾーンを広くとってみてください。

 

ガンガン動こう

存在するだけで男性が寄ってきてくれるのは、若いうちだけ。
高校や大学、会社に入りたてのときにチヤホヤされていたからといって、そのままの感覚でいると婚活は失敗に終わります。

 

恥ずかしがらずに、出来るだけ婚活に時間をかけましょう。
いざイベントに出向いたら、受けの姿勢ではなく、自分からガンガン動いて多くの男性と接すること。

 

受け身でいるより確実に出会いが増えるし、出会った分だけ、カップルになれる可能性がアップします!

 

マッチングが成功したら、その後も継続してグイグイいくこと。
小まめに連絡する、デートを申し込むなど、アプローチを重ねていけば相手も悪い気はしないはず。

 

世代にあった婚活パーティーを選ぶ

婚活で武器になるのは若さですので、美人でもスタイルが抜群でも、30歳代であれば不利になるのは変わりません。
なので、イベントを選ぶときは【30代用】や【年齢層が上向け】のものにしましょう。

 

もし30代後半から40代の男性と、30代の女性を参加層にした婚活パーティーなら、それは30歳前後の女性も人気者になれる環境です。
もし現在あなたが30歳ジャストだとしたら、メインで攻めていくのは、0代後半くらいの男性がいいと思いますよ。

 

何でもいいから!と婚活パーティーにエントリーしまくるのではなく、きちんと参加条件を確認して、年齢で不利にならないように気を付けてください。

 

アラサー、および30代女性の婚活まとめ

アラサーと30代に突入した女性のリアルな婚活事情、成果が出ないワケ、成果を出すコツ。
それらを解説しましたが、いかがでしたか?

 

それでは最後に、婚活における、最も重要な事実をお伝えしたいと思います。
その事実とは「婚活=確実に結婚に繋がる」という図式は成立しないこと。

 

結婚相談所も婚活パーティーも同じで、お金や時間をかけても、結果が出ないままフェードアウトする男女は少なくないんです。

 

婚活は確かに出会いのきっかけを作りますが、出逢いからさらにその先に進むには、待っているだけでは駄目。

 

アラサーや30歳代に突入しているなら、自分に合わせた正しい婚活をし、そして能動的に働きかけることが重要になります。

 

そして悲観的にならない適度な「自信」、これらが揃ったとき、理想からずれ過ぎない男性を見つけ出すことができるでしょう。